軽減税率対策補助金 中小企業・小規模事業者等消費税軽減税率対策補助金

申請者の皆様のページはこちら

「お問い合わせ」軽減税率対策補助金事務局 登録窓口 レジメーカー・販売代理店・ベンダー専用回線 0570-053-555 / 9:00〜17:00(土・日・祝除く)

よくあるご質問

全般

Q1登録申請書には、どの印を押印すればよいですか。
A1

法人の場合は社印を押印してください。

A型:全般

Q1複数税率対応レジとは、具体的にどのような機能を満たしていればよいのですか。
A1

次のイ及びロの両方の機能を満たしている必要があります。

イ.売上げの区分経理に資する機能

※税率ごとに日次ベース等で以下の事項を計算し、表記する機能を有すること。

  1. ①軽減税率(8%)の売上高の合計額
  2. ②標準税額(10%)の売上高の合計額

ロ.区分記載請求書等保存方式に対応した請求書等の発行機能

※次の7つの事項を記載した請求書等の発行機能を有すること。

  1. ①請求書発行者の氏名または名称
  2. ②取引年月日
  3. ③取引の内容
  4. ④対価の額
  5. ⑤請求書受領者の氏名または名称(小売業や飲食業等の不特定多数の者を対象に販売(取引)を行う場合には省略可。)
  6. ⑥軽減税率対象品目である旨の表記
  7. ⑦税率ごとに合計した対価の額

(注)⑥と⑦が新たな記載事項として追加されています。

Q2対象機器として登録する場合、添付するレシートサンプルは、サンプル原本を添付する必要がありますか。
A2

原則として、登録する型番ごとにレシートサンプルの原本を添付することとなっています。
また、提出時には、どのレシートサンプルがどの機種による出力か分かるよう専用の台紙に貼り付けてご提出ください。

Q3対象製品・サービス・ソフトウェアの登録について、応募期間はありますか。
A3

随時応募を受け付けますが、受付から登録まで2週間ほど時間を要しますので、あらかじめご理解ください。

Q4メーカー・ベンダー登録をした場合、サポート体制を整える必要があるとのことですが、どの程度のサポートを行えばよいですか。また、必須のサポート内容はありますか。
A4

以下の4点について、サポート体制を整えていただきます。

  1. ①既存顧客を含め、中小企業者への消費税軽減税率制度(複数税率)に必要な対応を行うことをはじめ、軽減税率対策補助金制度の活用を促してください。
  2. ②補助対象製品を導入後、当該製品の操作方法の説明をはじめ、トラブル対応時の申請者サポートを十分に行ってください。
  3. ③申請に際して、対象製品指定メーカーとして可能な限り、中小企業・小規模事業者等の補助金申請に係る負担の軽減を図るため、申請書作成サポート体制(代理申請)を整備してください。代理店申請にご協力いただける販売店等を事務局ホームページにて公表いたします。
  4. ④本補助金制度の対象となる機器・ソフトウェア・サービス・パッケージ等の導入・改修の際には、シリアル番号の重複や対象製品証明書等が不正に利用されることの無いように十分に注意の上、対象製品証明書等の発行をお願いします。
    なお、事務局からのシリアル番号等の問い合わせに対する対応もお願いします。

A型:A-2

Q1型レジ・改修型は事前にメーカーやベンダーが対象製品を登録する必要はありますか。
A1

型レジ・改修型については、対象製品登録は不要です。

A型:A-4

Q1POSレジやPOSシステムにスクラッチ製品(オリジナルの構成で構築されたソフトウェア)をインストールする場合、対象製品として登録可能ですか。
A1

POSレジ又はPOSシステムにスクラッチ製品をインストールした製品については、これを新たな1つの製品として、登録申請いただくことは可能です。

Q2ソフトウェアを登録予定ですが、製品カタログ又はWEBカタログの出力がないため、用意ができない場合はどうすればよいですか。
A2

製品カタログ又はWEBカタログに掲載されていない製品につきましては、仕様書など製品概要が分かる書類をご提出ください。

PAGETOP