初めての方の交付申請書早わかりガイド

今年10月から「消費軽減税率制度」スタート! 中小企業のみなさま、あなたのお店のレジは軽減税率に対応していますか? お客様が仕入税額控除を行う場合、税率ごとに合計金額が記載されたレシートの保存が必要です。 ルールNo.1 軽減税率対象品目にチェック! ルールNo.2 税金ごとに合計金額を記載する 今、軽減税率対応のレジを導入すればレジ・システム補助金が使えます! ・[原則]費用の3/4補助 ・レジ1台あたり20万円まで ※完了期限:9月30日(月)まで。1事業者あたり200万円まで。 業務効率化のためにも、替えるなら、今!

あなたはどのタイプに該当しますか?

軽減税率対策補助金への申請は意外とお手軽。
たとえば、レジ1台のみなら申請書はたったの3枚で申請できます。

  • 複数税率対応レジの導入等支援はこちら
  • 受発注システムの改修等支援はこちら
  • 請求書管理システムの改修等支援はこちら

A型 複数税率対応レジの導入等支援

A型は、レジ等の種類や複数税率への対応方法(導入/改修)により
合計6種類の申請方式に分かれます。
申請するタイプを選んで下さい。

B型 受発注システムの改修等支援

B型は、指定事業者に改修等を依頼するか、
事業者自身で行うかで2種類の申請方式に分かれます。
申請するタイプを選んで下さい。

C型 請求書管理システムの改修等支援

C型は、指定事業者にシステムの改修等を依頼するか、
販売店等から請求書管理システム・事務機器の改修・導入をするか、
事業者自身で購入し導入するかで3種類の申請方式に分かれます。
申請するタイプを選んで下さい。

PAGETOP